PeaceJet

@PeaceJets 新しいブログ → https://blog.peacejet.net 2018年、証券会社から転職して人材会社のシステムエンジニアになりました。マーケティングやデータ分析・UI/UX改善などもやっています! https://github.com/peacejet

Google Apps Scriptであらかじめシートのサイズを決めて新規にシート作成をする方法



Google スプレッドシートのサイズを指定して作成する方法

自分は、サーバーレスでスクレイピングなどをしているのですが、その最たるものとしてGoogle スプレッドシートを使用しています。 しかし、Google スプレッドシートには作成できるセル数(たしか200,000セルだったと思います)が決まっており、長期で使用する場合には、いちいちセルを削除するなどの処置が必要になってしまいます。

通常、insertSheetなどのメソッドを使用する場合では、行列の指定ができず通常の状態(1,000行×Z列まで)で作成されてしまうため、たとえばA列だけを使用してスクレイピングをしている場合などでは、未使用のセルが大量に余る結果になります。

行列を指定してシート作成

そこで、行列を指定してシートを作成することで、これらを回避することが可能となり、容量をいたずらに消費することができなくなります。

行が20で、列が12のサイズで作成してみましょう。

//呼び出されるメソッド
function addSheet(spreadsheetId) {
  var requests = [{
    'addSheet': {
      'properties': {
        'title': '範囲を指定したシートだよ',
        'gridProperties': {
          'rowCount': 20,
          'columnCount': 12
        }
      }
    }
  }];
  var response = Sheets.Spreadsheets.batchUpdate({'requests': requests}, spreadsheetId);
}

//呼び出しを行うメソッド

今週のお題「わたしの節分」


function call() {
  addSheet("xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx");
}