PeaceJet

証券会社で証券外務員をやりながら、マーケティングやデータ分析・UI/UX改善などを行っています。

Windows SubSystem for LinuxでRails開発する手順

こんにちは、PeaceJetです。
Windowsで利用可能なLinuxディストリビューションが増えてきましたね。
なんと、Kaliが使えるようになっているということで、今度、使ってみようかなと思います。
いろいろと制限がありそうですが・・・。

今回はWindows環境のなかでLinuxを使いながら開発したい人のために、開発環境構築の方法を書きたいと思います。

Windows SubSystem for LinuxRails開発する手順

まず、MicrosoftStoreからUbuntuをダウンロードしましょう。
f:id:PeaceJet:20180413214316p:plain
WindowsLinuxを実行する
アプリを入手する

上記を選択します。
f:id:PeaceJet:20180413214556p:plain
Ubuntuを選択します。
f:id:PeaceJet:20180413214634p:plain
自分の場合、すでにLinuxがインストールされている状態ですので「起動」となっていますが。
未インストールであれば「入手」となっていますので、クリックしてインストールします。

インストール途中で、ターミナルエミュレータが開いてUSERNAMEとPASSWORDを決めてくれと言われるので入力します。

Console

次にターミナルエミュレータを開きます。
コマンドプロンプト(cmd.exe)やPowerShellなど、Windowsに標準で搭載されているターミナルエミュレータがありますので、そちらを開きます。
私の場合は、以前からConEmuを使用しています。

Login

そのまま続けても良いのですが、念の為、Windows Subsystem for Linuxへの入り方をおさらいしましょう。
f:id:PeaceJet:20180414153406p:plain

# ubuntuと入力します。
> ubuntu
ubuntubashの違い

Windows Subsystem for Linuxという名称になる前は、Bash on Ubuntu on Windowsという名前でした。
ログインした時の違いをスクリーンショットしてみましたので、ご参考までに。
f:id:PeaceJet:20180416195604p:plain

Ruby

必要なパッケージをインストールします。
以下のコマンドを実行します。
※そのままコピペする場合には、$マークは抜いてください。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get install build-essential libssl-dev libreadline-dev zlib1g-dev git

rbenv

rbenvのインストールを行います。
rbenvはRubyのバージョンを切り替えることが出来る優れモノで、Rubyの高速なバージョンアップに対応するため、開発現場では必須な存在となっています。

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
$ cd ~/.rbenv && src/configure && make -C src
$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

動作確認

以下のように実行して、rbenvが動作することを確認します。

$ rbenv –v
rbenv 1.1.1-30-gc8ba27f

f:id:PeaceJet:20180416212604p:plain

rbenvでバージョンを設定する。

$ rbenv install -v 2.4.3
$ rbenv versions
# グローバル環境にする場合(Rubyのバージョンを固定したい場合)
$ rbenv global 2.4.3
# ローカル環境にする場合(プロジェクトごとにRubyのバージョンを分けたい場合)
$ rbenv local 2.4.3
# $ rbenv rehashは不要になりました。
$ ruby -v
2.4.3p205 (2017-12-14 revision 61247) [x64-mingw32]
# 上記のように表示されれば成功です。

NodeJS

NodeJSが必要になるのでインストールします。

$ curl -sL https://dev.nodesource.com/setup_8.x | sudo -E bash ~
$ sudo apt-get install -y nodejs

Ruby on Rails

続いて、Railsをインストールします。

# Install rails
$ gem install rails -v 5.1.4

Version

RubyRailsは開発のスピードが早いため、バージョンを指定してインストールしましょう。
バージョンを指定しないと、動かなくなったりします。
私も以前に、Ruby2.3.1では動作するけどRuby2.4.3では動作しないといったことを経験したことがあります。

Check

バージョンを確認してみます。

PeaceJet@DESKTOP:~$ rails -v
Rails 5.1.4
PeaceJet@DESKTOP:~$ ruby -v
2.4.3p205 (2017-12-14 revision 61247) [x64-mingw32]

以上です。

参考資料

qiita.com

/* ブログタイトルを取得 */